-->
新しい生活が始まります、気持ちもワクワクしつつも 引っ越しに引っ張りだこの大忙し。 何か大切な事・・忘れていませんか? そう、欠かしてはいけないのは、「引っ越しのご挨拶」です。 日本は、昔からご挨拶を重んじてきた風習がありますし、 もし、引っ越し先が見知らぬ土地だったらば、なおの事、 そういう伝統を重んじているかもしれませんよね。 昔は、引っ越しといえばご挨拶がてら「そば」を持っていくものだと されていましたが、今ではそばを持っていく人はあまりいないのではないでしょうか? ては、最近よく見かける引っ越しのご挨拶といえば、 単身赴任や学生などで、 ワンルームが多いアパート関係は、ピールやお菓子の詰め合わせなど、 「気さくに仲良く行きましょう」といったものが多いようです。 出身地元のものでもよい自己紹介を兼ねられますよね。 家族で、仕事関係の引っ越しだったり、新居購入のような場合には、 相手の好みに反しないようなものが喜ばれます。 お相手が子供がいるご家庭だったら、ジュースやおかしななど食材。 お年寄り夫妻ならば、石鹸や消耗品など、送る相手を気遣ったものが良いでしょう。 もちろん、お相手の家族構成など分からない時には、無難なお近づきのしるし、 として、引っ越してくる前のご当地グルメなど用意しておくと便利です。 多少多めに用意しておいても結構役立ちますし、余った時にはお腹に入れて消化しちゃえば済みます。 もちろん、なにを送るにしても、 家族一同連名で、ご挨拶のメッセージなどのカードを添えることをお忘れなく。

Link

Copyright © 1997 www.hermesretail.com All Rights Reserved.