-->
宝くじについては私の周りに限っての話かもしれませんが、 勿体ないのになどと割と否定的な方も多いように思います。 でも我が家は買います、宝くじ。夢がなくなったら人間おしまいだとおもっていますから。 とはいえ発売されたら片っ端からとか、ジャンボは何万円分も購入するというわけではなく、 あくまでも国民的イベントに参加しなくてどうするというスタンスです。 確かに当選の確率は高くないかもしれませんが、 一口でも参加しない限り、絶対に当たりもしないわけですし。 ちょっとついてるかしら、というタイミングで宝くじ売り場の前を通れば、 例えバラ一枚でも、小銭で購入できる枚数のスクラッチでも、なにかしら買うようにしています。 不思議なものでそういう時に買ったものは、少額の当選くじだったりすることが時々あるのです。 さらにそれを換金に出掛けた際にも同じく、その時に発売されている宝くじを少しだけ。 するともちろん毎回ではありませんが、また少額当選したりとラッキーは続く感じがしています。 ツキがツキを呼ぶといった感じでしょうか。 反対に「最近ちょっと」と沈んだ時は売り場には近寄りません。 小市民な我が家はジャンボくじは主人と半分ずつ出してまずはバラを10枚だけ購入、 あとはそれぞれがぴぴっ来たタイミングで売り場の前を通れば追加で買い足す感じです。 最高で数万円までしか当選したことがありませんが、 細々とでもツキをつないでいつか大きく当たったら嬉しいな、 夢を買い続ける、参加することに意義がきっとあるの精神でまた次のジャンボも購入します。

Link

Copyright © 1997 www.hermesretail.com All Rights Reserved.